日本職場接聽電話守則

文章

日本職場接聽電話守則

由於接聽電話時,無法好好地向對方傳達自己的表情及態度,因此比起面對面對談更需要花費額外的心思。尤其對剛進公司的員工而言,電話應對是個非常重要的工作。希望各位在閱讀這篇文章後,能夠順利地在日本職場中接聽電話!

基本規則

① 在電話響起第三聲前接聽電話
② 在無法迅速接起電話時,第一句應該要追加「大変お待たせ致しました。」
③ 在轉接電話前,請問對方的公司名、姓名、通話的目的
④ 在對方掛掉電話後,才能小聲地掛上話筒

接聽電話的範例

接電話的一方:「(企業名)でございます。」
打電話的一方:「私、__の__と申します。」
接電話的一方:「__の__様でいらっしゃいますね。いつもお世話になっております。」
打電話的一方:「__の__様はいらっしゃいますか?」
接電話的一方:「__でございますね。かしこまりました、只今お繋ぎ致しますので、少々お待ちくださいませ。」

若尋找的對象不在時

大変申し訳ございません。__は只今外出しております・席を外しておりますが、
① 宜しければ折り返せて頂きますか?
② 宜しければご用件を承りますか?
③ お急ぎでいらっしゃいますか?

掛斷電話前應該要表達「ありがとうございました。私(名前)が承りました。失礼いたします。」

禁忌

  • 裝熟的態度
  • 邊開車邊講電話
  • 在公共場合大聲講電話
  • 不要擅自更改合作的負責人
  • 不要在通話的人旁邊大聲說話
  • 在午餐時間或下班時間聯絡對方時,請務必表您的抱歉之意

写真提供:フリー素材ぱくたそ

请分享!

发表评论